HTMLメールについて


HTMLメールとはHTML形式で送られるメールのことです。メールの本文の文字を修飾したり(色を付けたり、下線を引いたり、太文字にしたりすることがこれに当ります)、メールに絵を張り込んだりすると、その情報をメールの中に組み込むために、Web上のホームページ等を記述する形式のHTML形式や、他の書式付きテキスト形式が使用されます。このメールをHTML形式をサポートしていないメーラで読むと、まるで無意味な文字の羅列のように見えるのです。(HTMLメールの例

「HTML形式をサポートしないなんて、そんな不便なメーラを使っている人がいるんだろうか」と、疑問に思う方も多いかと思いますが、実際、フリーウエアのメーラにはテキストのみサポートしたものも多く、フリーのメーラのユーザはたくさんいます。かくいう私もつい最近までMacintoshでフリーウエアのEudoraを使用していました。そんなユーザにHTMLメールが届くと(例に示したように、テキストのみのメールの後にHTML形式が続くことが多いのですが)、不要な文字の羅列にむっとします。HTMLメールをサポートするメーラを使用している人でも、HTMLメールはファイルサイズが大きくなるため敬遠する人が多いようです。

実際の取り扱いはメーラ(メール・ソフト)の設定によって様々です。一番困るのが全部HTMLになっていて、何が書いてあるのか読めないメールです。読めなければあきらめて無視することになります。それでは困るということで、メーラには書式付きテキストを送る場合、テキストのみとHTML形式とを繋ぎ合わせて送るという設定があります。受けたほうは確かに内容を読めますが、同じ内容が2回繰り返されていたり、テキストの後に不要な文字がどっさり(解読しなければ読めませんし、解読してもテキストと同じ内容ですから不要です)付く訳ですから、却って余計に不愉快になることがあります。

様々なメーラが混在するメーリングリストでは、書式付きのテキストは送らないのが基本です。以下に代表的なメーラでHTMLメールを送らないようにする設定を挙げました。参考になれば幸です。


代表的メーラでHTMLメールを送らないようにする設定